資産運用

抜いてムダ毛ケアする場合

抜いてムダ毛ケアする場合

家でできるムダ毛処理の手段は色々ですが、
その中でも1本ずつムダ毛を抜いて
処理をしているという人もいます。

 

お肌がきれいに見えることが、
毛抜きによってムダ毛を処理する時の利点ですが、
知っておきたいことがいくつかあります。

 

毛の根元に細かな毛細血管が張り巡らされていますので、
毛を抜くことでその部分が痛んだり、
炎症が起きてしまうことがあります。

 

皮膚の炎症が起きると、
抜いた部分の皮膚がかゆくなったり、
ブツブツとした皮膚になることがあります。

 

毛が皮膚の外に出てこないで、
表皮の下にもぐりこんでいることがあります。
これは、毛抜きをした時に毛根を引っ張って
横にしてしまうと置きやすいといいます。

 

自宅で行う方法に、電気脱毛機でムダ毛を
取り除くというものがあります。
抜く時には皮膚にぴったりとヘッドをつけます。

 

毛抜きの作業をしやすくするには、
3mmくらい残して最初にムダ毛を短くすることです。
家で行える脱毛グッズに、脱毛テープがあります。
ムダ毛の流れを整えておいて、流れに合わせて、
空気が逃げようにしながら脱毛テープを貼ります。

 

この時皮膚が濡れていたり、汗をかいていると、
テープが貼りづらくなります。まずは脱毛テープを使い、
除去しきれなかった部分は毛抜きで抜いていきます。

 

もしも脱毛ワックスを用いるならば、
ムダ毛の長さは5mmくらいにしてから行っていきましょう。
ただムダ毛を抜くだけでなく、皮膚がほてったり荒れたりしたら、
冷やすなどして対応します。

 

皮膚に過度のダメージを負わせないように注意しながら、
ムダ毛ケアに取り組みましょう。

 

 

関連ページ

カミソリを使った脱毛
カミソリを使った脱毛
脱毛クリームでのムダ毛処理
脱毛クリームでのムダ毛処理
家庭用脱毛機での脱毛処理
家庭用脱毛機での脱毛処理