資産運用

カミソリを使った脱毛

カミソリを使った脱毛

ムダ毛処理をカミソリでしている人はたくさんいます。
費用も安価で短時間で済み、痛みもないのが
カミソリ脱毛のメリットです。

 

ムダ毛の再生サイクルが短いことが、
カミソリによる脱毛のデメリットのひとつだといいます。
一定期間ごとに脱毛処理をすることを習慣にすれば、
気軽に処理できるものなのでそれほど大変ではありません。

 

かなり肌へのダメージが大きいのは、
伸びてきたらそのたびにカミソリで脱毛処理をするという方法です。
皮膚の角質層も一緒に剃っているのがカミソリでの処理で、
ムダ毛の脱毛だけをしているつもりでも実はそうではないといいます。

 

肌がカミソリ負けすると、乾燥したり、かゆくなったりします。
カミソリの使い方を間違っていると、もっと大きくなるのが
肌へのダメージです。

 

そのままお風呂場にカミソリを置いておくと、
雑菌が繁殖するといいます。清潔を保つためにも、
使っていない時のカミソリはしっかりと乾かしておきましょう。

 

お風呂のときのタイミグが、カミソリで脱毛を行う場合には良いでしょう。
しっかりと毛穴が開きますし、ムダ毛の処理を肌が清潔な状態の
ときに行うことができます。

 

泡やシェービングクリームを必ずつけ、剃る部位はきれいにしてきます。
処理はムダ毛の流れに沿って行うことが大事ではないでしょうか。
ローションやクリームを仕上げにつけて、保湿をすることは
大事なムダ毛処理のポイントです。

 

 

剃ってムダ毛ケアをする

ムダ毛のケアは剃毛で行っているという人は、
少なくないようです。

 

かみそりでムダ毛を繰り返し剃っていると、
ムダ毛が太く濃くなるという説がありますが、
事実とは異なっています。

 

カミソリは、ムダ毛の断面が四角形に
なるような状態でケアするために、
再生時のムダ毛が太く見えるようになります。

 

ムダ毛の太さは、カミソリを使っても使う前と同じです。
剃毛が肌を傷つけないように注意をすることで、
肌荒れを起こさずにムダ毛ケアをすることができます。

 

お肌に負荷がかかりすぎないように、
皮膚をよく濡らしてからムダ毛の処理を
する習慣をつくるようにしてください。

 

専用のシェービングクリームや、
ワセリンを剃りたい部分にまずつけてからカミソリをあてます。
あまり頻繁にムダ毛を剃っていると、
皮膚へのダメージが蓄積して肌トラブルや
色素沈着の要因になることがありますので気をつけましょう。

 

肌への負担を避けるなら、
2週間に1回か2回程度にします。
健康状態がよくない時や、肌が日焼けしている時は、
ムダ毛ケアは向いていません。
剃毛後は皮膚の保湿をしっかり行い、
肌をケアしておくことで、
ムダ毛を処理した後の肌荒れが避けられます。

 

 

関連ページ

脱毛クリームでのムダ毛処理
脱毛クリームでのムダ毛処理
家庭用脱毛機での脱毛処理
家庭用脱毛機での脱毛処理
抜いてムダ毛ケアする場合
抜いてムダ毛ケアする場合