医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリット

脱毛施術には様々な方法があり、医療レーザーもその一つです。
施術範囲の広さや痛みの少なさが医療レーザーの長所ですが、
短所もあります。

 

医療レーザーは、肌の色が黒い人には使用できません。
生まれつき肌の色が濃い目な人、日焼けをして肌が小麦色の人などが
利用できない人です。

 

医療レーザー脱毛は、黒色に反応するレーザーを
使って脱毛します。そういった意味では日焼けをしている人、
色黒の人は医療レーザーで肌自体が反応してしまうことがあるため、
脱毛にレーザーが使えません。

 

また、黒い部分に反応するという性質があるため、毛の色が薄い人は
脱毛に医療レーザーが使えません。ムダ毛の色や髪質によっては、
医療レーザーを照射しても脱毛することは難しかったということもあります。

 

医療レーザーの技術は、年々向上しています。以前は上手に脱毛が
できなかったという場合でも、最新設備を利用すれば脱毛できることもあるようです。
カウンセリングを受けて、エステで判断を聞いてみるといいかもしれません。

 

レーザー機器の進化とともに、脱毛施術の費用も以前に比べて安くなってきています。
光脱毛に比べると医療レーザーによる脱毛方法は割高なのは変わりありません。

 

どんな方法で脱毛をするか考える時には金銭的な負担も気にかかりますが、
アフターフォローや脱毛の効果なども重要です。比較サイトや口コミサイトで
脱毛方法ごとの情報を集めて、いい点、注意したい点、それぞれを理解することです。
医療レーザー脱毛について考える時には、自分の肌質、脱毛したい範囲とその状態、
そして費用について合わせて考えることです。

 

 

 

トップへ戻る