医療レーザーを使った脱毛方法

医療レーザーを使った脱毛方法

かつては、電気針を使った永久脱毛が多く行われていましたが、
最近では医療レーザーの利用者か増えています。

 

近年では、医療レーザーや特殊なフィルターを通した光を使う
脱毛施術が多いようです。

 

電気針を使用した脱毛方法の人気が落ちてきた理由はいくつかあります。
電気針のデメリットは、ムダ毛の1本1本に電気を通して脱毛をするため、
時間がかかることや、激しい痛みを生じることでした。

 

医療レーザーや光は痛みが少なく、時間が短く済むことから、
人気が高まってきました。医療レーザーと光の差は一体どんなものでしょう。

 

医療レーザーを使う方法とは、ムダ毛を新しくつくる細胞をレーザーの光で
破壊することで、毛の再生を抑えるという方法になります。
光を使う脱毛も、手法自体は医療レーザーと同じです。脱毛したい部分に
光をあてることによって、一度剃った毛が新しく生えてこないようにします。

 

光の場合は出力がレーザーほど強くないことから、肌への刺激が少なく済みます。
脱毛するならば医療レーザーか光かで迷うと言う話をよく聞きますが、
どちらにもメリットもデメリットもあります。両方のやり方を十分に吟味した上で、
自分にとってやりやすい方法を選択しましょう。

 

ただし、医療レーザーはどこででも受けられるというものではありません。
医師の資格がある人しか、医療レーザーは扱うことはできません。
一方、光脱毛の施術をするには特別な資格は必要ありません。
医療レーザーのように医師が扱う保証はないため、スタッフの技術力に
ついての情報が必要です。

 

 

 

トップへ戻る