歌 うまい 人 モテ歌 選び方

 

男のフェロモン香水ボディセンスは、「美の祭典」で実に93%の女性から「いい匂い」と絶賛され、更に元CAや美容ライター、アロマセラピストなど多くの専門家の方からも推奨されているムスク系の香りの商品です。匂いは自分が好むものをつけるのではなく、女性に喜ばれるものを選ぶことでモテ度がUPするかも!?ボディセンスでワンランク上の自分を。「異性の好きな香り」をふりかけるのではなく、魅力成分をブーストする禁断のパワーツールです!

 

モテる歌の選び方と練習方法 モテる男の条件

 

モテる歌の選曲方法

 

●ある程度、知名度がある曲を選びましょう。

 

すごくいい曲でも「誰も知らない」曲では共感できません。

 

 

●あまりにも難しい曲は避けましょう。

 

中西保志「最後の雨」などは名曲ですが難しいです。

 

桑田圭祐の曲なども難しい方ですね。

 

 

●「GReeeeN」「ファンキーモンキーベイビーズ」などは比較的

 

やさしい曲が多く、女性が「グッ」とくる曲になっています。

 

仮にビブラートが無くても上手に聞こえます。

 

スナックでウケる曲だと思います。

 

SMAPの曲には名曲が揃っています。中居くんを筆頭に本家自体が

 

「歌うま」なわけじゃないので歌いやすいでしょう(笑

 

 

●女性アーティストの歌なども狙い目です。

 

徳永英明がカバーしたりして垣根がなくなりました。

 

中島美嘉 「雪の華」は名曲です。事前にキーの確認が必要です。

 

 

 

モテる歌の練習方法

 

今のカラオケはほとんどキー設定が同じなので
カラオケボックスで練習していれば、
本番でアレ?ということがありません。

 

たとえばキーを2コ下げて練習してれば、
本番でも2コ下げればOK。

 

歌手のキーは多くが高いですから、
何コ下げればいいかは
練習の時に確かめておく必要があります。

 

 

声に余裕をもって歌えればいいのですが、
逆に余裕をもちすぎるキー設定では
「心に響きません」

 

サビの部分では
「多少無理をする」くらいが
丁度いいでしょう。

 

ですからサビの部分を基準に
キー設定を行います。

 

 

練習は、
その歌の歌手の「真似」から入ります。

 

「ものまね」ではなく「真似」

 

「声」は違うのですから
「歌いまわし」を真似るのです。

 

その曲のイメージは、
歌っている歌手がイメージそのものです。

 

その歌手の歌いまわしや
ビブラートを真似ましょう。

 

 

Mr.Childrenの曲などは、
独特の歌いまわしが多いですから
練習が必要です。

 

曲に無理やり歌詞を
詰め込んだようなものが多いので(笑

 

歌詞の入れ方を間違うとズッコケます。

 

 

例えば宇多田ヒカルのビブラートは
「ちりめん」と呼ばれる独特なもの。

 

マスターするのは困難ですから
雰囲気を「真似」ます。

 

宇多田ヒカルの歌を
普通のビブラートで歌うと
演歌っぽくなりますよ(笑

 

 

 

【歌うまマニュアル売上ランキング】

page top