営業マン 歌 うまい

 

男のフェロモン香水ボディセンスは、「美の祭典」で実に93%の女性から「いい匂い」と絶賛され、更に元CAや美容ライター、アロマセラピストなど多くの専門家の方からも推奨されているムスク系の香りの商品です。匂いは自分が好むものをつけるのではなく、女性に喜ばれるものを選ぶことでモテ度がUPするかも!?ボディセンスでワンランク上の自分を。「異性の好きな香り」をふりかけるのではなく、魅力成分をブーストする禁断のパワーツールです!

 

営業マンに歌のうまい人が多いのは何故か モテる男の条件

 

 

営業マンには
歌のうまい人が多いです。

 

何故か?

 

そういう機会が多いから。
場数です。

 

社内での飲み会、
取引先との接待、
プライベート。

 

飲み会の後の
2次会の定番はやっぱりカラオケ。

 

カラオケボックスや
カラオケスナックなど、

 

単純に歌う機会が多いからなんです。

 

 

そして

 

歌うなら上手い方がいい。

 

ゴルフ接待の多い営業マンが
打ちっぱなしで練習するように

 

歌う機会の多い営業マンも
歌の練習をしています。

 

ひとりカラオケボックスで。

 

 

そして車の運転中にも。

 

すれ違う車の中で
大口あけて歌ってる人、
見たことありませんか?

 

だいたい営業マンです(笑

 

 

 

生まれつき歌の才能がある人なら
練習なんかいらないですが

 

普通の人は練習が必要です。

 

そして営業マンは、
自分の好きな歌だけ
練習するだけではありません。

 

なぜなら取引先との
接待などは年配者が多いからです。

 

いいお歳のオジ様相手に
ラルクなど歌ってもNG。

 

そこは場所をわきまえて

 

演歌なり懐メロなどを
歌わなければなりません。

 

 

だから練習が必要なんですね。

 

そうすると演歌からポップスまで
幅広い歌がマスターできます。

 

その場その場のレパートリーが増えます。

 

 

例えば

 

接待では森進一の「冬のリヴィエラ」
社内での飲み会ではサザンの「勝手にシンドバット」
女性と二人っきりならミスチルの「365日」「しるし」など

 

 

何でもそうですが、
練習することで歌も上手くなります。

 

今でも私は一人でカラオケボックスにこもり
新しい歌の練習をするんですよ。

 

 

ちなみに

 

家族と親戚が集まる会で
初めて人前で歌わされたのが

 

中学生のとき。

 

曲は「氷雨」でした(爆)

 

 

 

 

【歌うまマニュアル売上ランキング】

page top